¥0(ゼロエン)性病検査

検査キャンペーンは終了いたしました
たくさんのご協力ありがとうございました
セックスも恋愛もあきらめない。
2018年、大阪府・兵庫県において新たにHIV感染がわかった人のうち7割以上は、同性間のセックスを通じての感染です。HIVは、かつて治療法のない死の病と呼ばれていました。
今では、適切な治療を続けることで人から人への感染を限りなく0にすることが可能になりました。
しかしその一方で、梅毒やクラミジアなどの性感染症も増えています。これらの性感染症は、感染しているとHIVの感染リスクも高くなります。
性感染症を予防するには、コンドームに加えて様々な予防の方法を複数組み合わせて行うことが大切です。
そして、1年に数回、定期的に検査を受け性感染症に自分が感染しているかどうかを知ることが大切です。
ぼくらの街には頼れるお医者さんがいます。この機会に検査を受けてみませんか?
【 特 徴 】
  • 今回から複数の検査が0円
  • 計18カ所の診療所から選択可能
  • 受けやすい時間帯
  • 感染がわかっても治療につながる
  • 医師にその場で相談できる

通常検査

検査を受けてから一週間後以降に結果をお知らせします。
その他の詳細や注意事項については「検査の流れ」をご確認ください。

即日検査

検査を受けた当日に結果をお知らせします。
ただし、HIVのスクリーニング検査結果が陽性の場合は、一週間後以降に確認検査の結果をお知らせします。梅毒検査結果が陽性の場合は、治療が必要かどうかの追加検査結果を一週間後以降にお知らせします。B型肝炎については当日に結果をお知らせします。但し受診時間によっては翌日以降のお知らせになる場合があります。
その他の詳細や注意事項については「検査の流れ」をご確認ください。

TOP